日本には色々な資格や免許が存在しており、
それぞれに専門性があることからその専門分野に進みたい人にとっては必須のものであるという事もあります。

それ以外にも趣味の範囲で取得することができるものもあるなど、
日本で取得することができる資格や免許は多種多様となっています。

では、実際に働いていてこの免許を持っててよかった、
と思われるようなものとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

まず真っ先に多くの人が連想するのが運転免許であり、
特に田舎のように車での移動が必須になるようなところでは必需品となっています。

それ以外にも多くの会社で車を運転する機会があるので、
特に外出するような仕事ではないにしろ持っていても損はないものとして取得する人が多いです。

そしてMT限定よりもATも可能であるという物を取得しておく方が、さらに便利であるという声も多いようです。

toeic.jpg

それではそれ以外にはどのようなものがお勧めなのかというと、
就職活動で便利なのがTOEICであり、これは将来仕事で役に立つというわけではないものの、
簡単に評価してもらえる免許ということでオススメされています。

また専門性という意味でオススメなのが宅地建物取引主任者や管理業務主任者なども人気です。

免許と資格にはどのような違いがあるのでしょうか。

資格はその人が特定の技術や能力を有し、規定を満たしていることを認定するものです。

趣味的な性格のものから、仕事での採用時やスキルアップで有利になるものまで様々です。

認知度が高く、難易度の高い権威ある公的資格は人気があります。

中には国が定める国家資格というのもあり、国家試験をパスしなければ就業できない、
あるいは職業として名乗れないような厳しい条件がある場合があります。

このように仕事を行うための必須条件である一部の例を除けば、
基本的にはあってもなくてもよいものです。

免許は特定の技術や能力を有していることを認めるところまでは資格と同様ですが、
法律上一般人には禁止されていることを行う権限を特別に与えられるという点が最も大きな違いといえるでしょう。

たとえ充分な知識や能力があっても、
免許を持たなければ違法として扱われる仕事や行為が存在するということです。

運転免許の例を考えてみればわかりやすいと思いますが、
どんなに優れた運転能力があっても無免許や更新なしに公道を走ることは違法であり、処罰対象となるのです。

資格は能力そのもの、免許は具体的な行為に対して許可を与えるものと考えるとよいでしょう。

driving.jpg

今の時代必要不可欠な運転免許証ですね。

履歴書にも記入できる一つの資格なので時間を取って、
費用が用意できるのだったら取得しておくと仕事を探すときに少しは業種の幅が広がります。

どのような取得方法があるのかといいますと、
一般的に公安委員会指定の教習所を卒業して
運転免許センターで適正試験合格後に即日免許交付がされます。

教習所の卒業までは学科教習と技能教習受講します。

その後筆記試験と実技の試験があって仮免を取得して、
そこから卒検に向けて教官同乗で路上教習があります。

今は高速教習も必須になっています。

早い人では半年もかからずに免許証が取得できますが、
予約状況によって思うように進まないこともあります。

無理なく自宅から通いやすい教習所を見つけられるのもポイントです。

学生で学校の長期休暇で時間が取れる人は合宿で免許証を取る方法もあります。

時間短縮できる反面、自宅から遠い場所だったり、
その期間は予定を組むことができないので時間に余裕のある人でないと難しいですね。

費用は教習所によってさまざまですが30万前後でしょうか。

学生割引などの特典がある教習所が見つかるとうれしいですね。
こんなところも利用できます→http://xn--68j6ah3565bpvm.net/

また仮免取得後の路上教習で毎回パスできるというわけではないので
少し多めに費用を用意できると安心です。

さらに免許センターでも交付費用が必要ですのでお忘れないように。

免許といえば社会人の殆どが所有している運転免許証が思いつくと思います。
この免許は自分を証明するときに必要になってきます。

例えば先日こっそり借りたキャッシング。
アコム親バレした原因を参考にして慎重に借りました。
その時もこの免許証が必要でした。

社会人として企業に就職し仕事をして収入を得る生活の中では、
必ずしも資格や免許が必要とは限りませんが、
会社員といえども1個人が企業の顔であることに変わりはありません。

責任を持って会社の担当者として、クライアントや顧客と接する上では、
免許や資格を持っていることが証明できる方がより責任ある立場として親身に対応することができます。

また会社に対しても自分の努力や能力を証明できる手段の1つとして
資格や免許の取得は確実な方法と言えます。

国家資格に限らず、資格や免許には様々な種類があります。

その資格がなければ取り扱い出来ないとか、関われないというわけではなくても、
資格を取得しているだけで集団組織の中では取りまとめや報告が適切に出来る人材として
一目置かれる存在になり、なによりそれだけの知識を習得するための努力をした証明でもあります。

自分のキャリアや将来について前向きに取り組んでいる証明とも言えます。

資格や免許の中には、実務経験を必要としないものも多くあるので、
学生の間や転職を考えたり休職中の時間を有効に使って努力すれば、
第一関門の書類選考はもちろん、初対面の人事担当者へもポジティブな印象を与える事が出来ます。

免許の種類

| コメント(0) | トラックバック(0)

免許とは、法令上通常は禁止または制限されている行為を、
特定人物に対し解禁する行政機関の許可の事です。

免許には様々な種類のものがありますが、
日常会話においてただ免許と言った場合、通常は運転免許の事を指すでしょう。

運転免許は第一種、第二種とあり、
第一種は自家用車の運転や荷物運搬業務等、
一般的な目的で自動車や自動二輪車を運転する際に必要となるものです。

第二種はバスやタクシーと言った旅客業務並びに運転代行業の際に必要なものとなります。

また、第一種、第二種共に大型、中型、普通、大型特殊、牽引の区分わけがなされており、
第一種には更に大型、普通、小型の自動二輪並びに原動機付自転車が存在します。

尚、これらの運転免許は車道を運転するにあたってのものであり、
それ以外の作業を行うための特殊車両の操作には、それぞれ専門の技能講習を受ける必要があります。

運転以外の種類では、主に挙げられるのは、弁護士や税理士、公認会計士、
医師、薬剤師、建築士等の師士業に従事する上で所持していなければならない業務独占資格でしょう。

これらの資格は個人が取得するものですが、他に銀行、放送局、貨物運送や鉄道等、
様々な業種において事業を執り行う法人や団体等に与えられる許認可があります。

また、銃刀法で取り締まられている銃鉄砲、刀剣類の所持に必要な許可の他、
アマチュア無線を運用する際に要する許可等も免許と呼ばれています。

いずれの免許を取得するにせよ、かなり高額の費用がかかってくることは間違いありません。

お金を一時的に借入するのも将来の投資のために良い方法だとはいえますが、
無審査即日融資できる業者の注意点まとめをよんで、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

将来のために取得したいと考えている免許があるのであれば、
そのために日々貯蓄をしていくことも賢明ですね。